認知行動療法とは

認知行動療法は考え方を変える心理療法の一つです。不安、悲しみ、怒りなどから極度のストレスを抱えるとうつ病になるのではと言われています。

とすれば、上手にストレスを発散できると心の病を改善できるのではないでしょうか。

そこで「どうすればストレスがたまらないようになるのか」という点に注目して考えられたのがこの方法です。

しいて言えば、究極のストレス発散法なのです。

ストレスをため込みやすい人とそうでない人の違いは受け止め方にあるのではと考えられていて、思考回路を変えることができればストレスは軽減できます。

海外では、うつ病、パニック障害、強迫性障害、不眠症などの心の病によく利用されていて、その効果も抗うつ薬と同じように認められています。

欧米諸国ではすでに一般的な治療法の一つです。そして日本でも少しづつですが、その認知度が高まり始めています。

薬の治療と両立できる

認知行動療法は薬品や医療器具等を一切使用しません。また薬を服用している場合は一緒に利用するとより効果的だと言われています。
さらに、薬を服用する治療とは異なりリスクが低い安全な方法なのです。

認知行動療法のデメリット

医師や臨床心理士が認知行動療法を行うのが一般的です。ところが、療法士と相性があわない場合はそれほどの効果は期待できないそうです。

また、治療費は1回3,000~8,000円の範囲が普通です。そして15回~20回くらいに分けて行うのでコストがやや髙い治療法とも言えます。(各機関で料金や回数はことなります。)

さらに効果が現れるまで時間がかかることもあります。また認知行動療法を利用しても期待するほどの効果がでないケースもあることは確かです。

認知行動療法のメリット

一番おおきなメリットは薬物治療と異なりハッキリした副作用がないことです。

また、この方法をいちど習得してしまえば、うつを感じてもその場ですぐに気持ちの切り替えができるので、ストレスをため込むことも少なくなります。

さらに思考のコントロールが自分で出来るようになると薬物治療よりも長い期間で再発防止になることが臨床試験では確認されているのです。

認知行動療法トレーニングブック

国立精神・神経医療研究センターの認知行動療法センターで所長をされている精神科医の大野裕先生は認知行動療法の活用を積極的に推薦されています。

また認知行動療法に関する本はたくさん出版されているので参考にしてみては如何でしょうか。

その中でも認知行動療法トレーニングブック(訳 大野裕)「定価12,800円」では詳しい内容がわかります。

何度も繰り返してこの方法を利用するとより高い効果が期待できるのです。

考え方を変える習慣を身につけ心をコントロールして、いつでも快適な気分で生活をしてみては如何でしょう。

考え方を変える効果

たとえば、2人の人がまったく同じことで誰かに怒られたケースを考えてみましょう。

Aさんは「そういうこともある。次は気を付ければいいことだし、それほど大したことではない」と受け止めたとしましょう。

ところがBさんは「やはりまた怒られた。わたしはやっぱりダメだ。どうしようもない人間だ。」と受け止めたとします。

人によって受け止め方に大きな違いがあるとは思いませんか。

もしも、Aさんのように考えるならば、嫌な気分が長く続くことはないはずです。

その一方、Bさんのように考えるならば、悲観的になることも多くなりさらに落ち込んでしまうことも増えるはずです。こうなると立ち直ることが難しくはならないでしょうか。

つまり、考えることそれ自体がその後の人生に大きく影響を及ぼしているのです。

そして客観的に考えると一方がネガティブに受け止めないことならば、もう一方がネガティブに受け止める必要はないのです。

如何でしょうか。

ほんの小さな気付きで気分は一瞬にかわってしまうとは思いませんか。

また、一人で気分を改善するためのヒントを見つけることは難しいかもしれません。ところが客観的なアドバイスを利用すると、「なるほどな」と思えることも発見できるのです。

認知行動療法はアメリカの精神医学科医アーロン・T・ベック博士が考えた認知療法から発展しました。ベック博士が認知療法を発表したあとイギリスのデイビッド・M・クラーク博士がベック博士と共同研究をおこない認知行動療法ができました 。
クラーク博士とベック博士が共同で認知行動療法の論文を発表したのは、1988年のことですから、認知行動療法の歴史はそれほど長いものではありません。まだまだ、新しいタイプのうつの治療法なのです。