うつ病

夫がうつかなっと思ったら、してはいけないこと言ってはいけないこと

厚生労働省が平成27年に作成した統計から、男性がうつになるケースは女性がうつになるより、ずっと少ないことがわかりました。しかし専門家はこういった数字は事実ではないと指摘します。なぜならば… …

2016-9-24(2017-4-1更新)
うつ病

抗うつ薬の効果は偽物の薬とほぼ同じ【医者が薬を処方する本当の理由】

抗うつ薬の服用をやめてしまうと、再発の可能性が心配になってきます。うつ病を一度でも体験したことのあるひとが、再びうつになってしまう確率は50%といわれています。さらに、2度ほど体験したことのあるひとな …

2016-3-11(2017-3-29更新)
うつ病体の健康

不眠症を簡単に改善してぐっすり眠るための9つのポイント

質のよい睡眠をとるために生活習慣をすこしだけ変えてみよう

何となく眠れないという症状で悩んではいませんか。現在、5人に一人から4人に一人が睡眠の問題を抱えていると言われています。 不眠症の症状にはいくつかの種類があります。 眠りたいのに眠れない 眠ってもすぐ …

2016-2-16(2017-4-17更新)
うつ病

怒りをコントロールする方法

怒りは自分の力でいかようにもコントロールできます。気持ちを切り替える方法を知っていると怒りを解消することが簡単になるのです。 怒りには大きくわけて2つの種類があります。一つは自分に向ける怒り、そしても …

2016-2-9(2017-4-15更新)
うつ病

目先だけの行動が失敗の原因だった

正しい決断と行動力が運命をかえていくといいます。しかし、目先にとらわれるとそれは失敗や損失になります。どうして目先にとらわれた行動は失敗や損失になるのでしょう。 目先にとらわれてはいけない 正しく判断 …

2016-2-5(2017-3-1更新)
うつ病

楽観主義者はなぜ成功するのか

楽観主義者は悲観主義者よりいい結果を残すのが明らかになっています。ポジティブ心理学で有名なマーティン・セリグマン教授によれば、さまざまな実験や統計調査の結果、楽観主義者はよりよい結果をのこすのが確認で …

2016-1-30(2017-3-1更新)
うつ病

うつで太ってしまったときの改善方法

少しだけ生活習慣を変えるだけでもダイエットはできるのです。

うつ病になるとメタボになる傾向がわかってきました。「Biological psychiatry(生物精神医学)」という専門誌で紹介されたフランスの研究グループの報告では、メタボの人のうつ病の割合は、メ …

2016-1-21(2017-3-29更新)
うつ病

デビッド・D・バーンズ博士が推薦するうつを治す認知行動療法

認知療法の考案者アーロン・T・ベック博士が推薦するうつの治療本があります。デビッド・D・バーンズ博士が書いた自分でおこなう認知行動療法の本です。バーンズ博士もベック博士と同じように、世界中のうつ病に苦 …

2016-1-17(2017-3-1更新)
うつ病

心理療法でうつを治す基礎をつくったアルバート・エリス博士

認知行動療法は論理療法や認知療法を基礎とした科学的治療法の事をいいます。抗うつ薬と同等か、あるいはそれ以上の治療効果が証明された最初の心理療法です。論理療法が考案されたのにはある精神分析家の大きな挫折 …

2016-1-17(2017-3-1更新)
うつ病

心理療法でうつを治す基礎をつくったアーロン・T・ベック博士

認知行動療法は抗うつ薬と同等か、それ以上の治療効果が証明された最初の心理療法です。この療法は論理療法と認知療法が基礎となっていると言われています。アーロン・T・ベック博士が認知療法を考案するまでの過程 …

2016-1-17(2017-3-1更新)
自分でうつを治す方法