2015-12-9(2017-4-18更新)

自分の弱点を知る方法

弱点の要素は7つあります。どんなことに一番弱いのか確認ができます。

人にはそれぞれ弱い所があります。「自分ではよくわかっていると思っていても実は違っていた。」ということも度々です。そこでどんなことが本当に弱いのか確認してみて下さい。

Discover

Dysfunctional Attitude Scale (DAS)

精神的な弱点の要素は7つあり、このうちのどれかもしくはいくつかが極端に偏っていると精神的な疾患になるそうです。

DASはアーリーン・ワイズマン博士が作成した心の歪み(心的機能不全)を発見するための尺度です。研究によると精神的疾患を治療している期間は否定的な考えは軽減します。

ところが自滅的な信念は続くそうです。DASを利用するとあなたの弱点がみえてきます。

弱点の要素

承認されることに依存してしまう!

他人からみて自分はどう思われているのか気になることはありませんか。他人の意見が自分にとってどのくらい大切なのかを確認するテストです。

周りの評価に敏感な人の場合、侮辱や屈辱で自分を軽蔑してしまいます。極端に周りが気になると、他人の意見で簡単に行動を変えたり批判や反発で不安や憂鬱になります。

➡承認要求度(認められたい)テスト

愛されることに依存してしまう!

他人の愛情があなたの価値を決めていませんか。

人からの愛情があなたの幸せや自負心のもとになっていると、それがなければ幸せにはなれません。また人の愛情に深く依存してしまうと、劣等感や苦悩を感じることになり孤独になります。

➡愛情要求度(愛されたい)テスト

仕事に依存してしまう!

あなたにとって仕事はどのくらい大切ですか。もしかしてワーカホリックになっていることもあります。「仕事以外は何も考えられない」ということならかなり危険です。

スランプに陥ったり病気で働けなくなると精神的に破滅してしまいます。また定年などで退職をしたときには、仕事以外に価値をかんじないので無気力になることもあります。

➡仕事中毒度(仕事中毒)テスト

完璧でなければいけない!

あなたは完璧主義者ですか。もしもそうならば、失敗を何よりも恐れるはずです。また、たとえ目標に到達しても、途中で目標をより高いものにすり替えてしまうので、満足することがありません。

人生が味気ないものになります。そして完璧すぎると欲求不満から抜け出せなくなります。

➡完全主義度テスト

見かえりがなければいけない!

何かを誰かのためにしたときに、「見返りがあって当然だ」と考えてしまうことはありませんか。極端にこの思いが強いと、悲しみ、欲求不満、うつ状態になることもあります。

➡報酬依存度(見返り度要求)テスト

何でも自分の責任だと思い込む!

ひとの責任を自分の責任だと考えていませんか。この傾向がつよすぎると、罪の意識や自責の念から逃げられません。すべてが自分の責任になると不安になります。無気力になることもあります。

➡全能感(責任の背負い込み)テスト

じぶんでは幸せを見つけることができない!

幸せは自分で作るものです。幸せを見つける能力が高いと落ち込んだときでも早く回復できます。自律性が低いと楽しみや自尊心は周りから受ける影響で決まるものだと考えるので、結局はまわりに振り回されることになります。

➡自律性(幸せを見つける能力)テスト

うつの自己判断はこちらCES-Dから

参照元:新しい認知療法の紹介「嫌な気分よさようなら」P288~P294

自分でうつを治す方法