2016-2-24(2016-11-29更新)

怒りチェック【特性怒り尺度STAXI】

この怒り診断テストは【一時的な怒りの強さ】・【怒りやすい性格度】・怒りが表に爆発してしまう【表出度】・内面に秘められた【怒り度】・【怒りに対する忍耐度】を総合的に判断できます。anger-scale

怒り診断テスト【STAXI】

STAXIとはアメリカの心理学者、スピルバーガー(1988)が作成した特性怒り尺度(STAS)怒り表出尺度(AX)を合わせたもののことをいい、怒り方の特質やそれが表に現れる頻度を目録にしたものです。

特性怒り尺度は、身体の表に現れるような一時的で急激な怒りの感情の強さと怒りやすい性格かどうかを判断する尺度です。

怒り表出尺度怒ることが表面に現れる回数内面にある怒りの強さ外側に怒りがでるのを抑える強さの3つを判断する尺度です。

欧米と日本では怒りのもつ特徴に文化的な差があり、STAXIは改良の必要があるとされています。しかし、信頼性および妥当性はほぼ確認されており、国内でもっとも有効な怒りの診断テストといわれています。

この怒り診断テストはSTAXIを参考に作成されています。あなたの怒りの強さを総合的に判断してください。

項目は全部で44問です。尚、初期設定は全て【当てはまる】です。

テストの利用方法

質問はA・B・C・D・Eの5つの項目から構成されています。各項目によって質問の要旨が異なりますので、項目別に質問の趣旨を確認しながら最も当てはまるボタンをチェックして下さい。

【A】深く考え込まず、今考えていることを答えてください。

【B】自分自身について、いつも考えていることを答えてください。

【C】【D】【E】あなたが普段怒ったり、腹を立てたりするときの様子について答えてください。

STAXIテスト

  • 質問1
    【A】怒り狂っている
  • 質問2
    【A】いらいらしている
  • 質問3
    【A】怒りを感じている
  • 質問4
    【A】誰かをどなりつけたい
  • 質問5
    【A】何かを壊してしまいたい
  • 質問6
    【A】逆上している
  • 質問7
    【A】机をバンバンたたきたい
  • 質問8
    【A】誰かを殴りたい
  • 質問9
    【A】精根つきてしまった
  • 質問10
    【A】口汚くののしりたい
  • 質問11
    【B】気が短い
  • 質問12
    【B】怒りっぽい
  • 質問13
    【B】せっかちである
  • 質問14
    【B】他人のまちがいで自分が遅れたりすると腹を立てる
  • 質問15
    【B】良いことをしたのに認められないといらいらする
  • 質問16
    【B】すぐかっとなる
  • 質問17
    【B】怒ると意地悪なことをいう
  • 質問18
    【B】人の前で避難されたりすると怒りをかんじる
  • 質問19
    【B】自分のしたいことが出来ないと誰かをたたきたくなる
  • 質問20
    【B】良いことをしても褒められないと腹がたつ
  • 質問21
    【C】怒りをおさえる
  • 質問22
    【C】すねたり、ふくれたりする
  • 質問23
    【C】人に皮肉なことをいう
  • 質問24
    【C】ドアをバンとしめるような荒々しいことをする
  • 質問25
    【C】人と言い合ったりする
  • 質問26
    【C】自分を怒らせるものは何でもやっつけようとする
  • 質問27
    【C】口汚いことをいう
  • 質問28
    【C】落ち着きを失って不機嫌になる
  • 質問29
    【C】誰かにいらいらさせられると、その人に自分の気持ちを伝える
  • 質問30
    【D】怒りをおさえる
  • 質問31
    【D】怒っていても外に表さない
  • 質問32
    【D】人から離れて一人だけになる
  • 質問33
    【D】心の中では煮えくり返っていても、それを外には出さない
  • 質問34
    【D】誰にも言えないような恨みを抱くようになる
  • 質問35
    【D】誰にも知られないように、自分の胸の中だけで他人を非難する
  • 質問36
    【D】外から見るよりも、実は自分はもっと怒っている
  • 質問37
    【D】はた目に見るよりも、はるかに苛立っている
  • 質問38
    【E】腹を立てたりしないでがまんする
  • 質問39
    【E】冷静さを保つ
  • 質問40
    【E】自分の行動を抑制する
  • 質問41
    【E】気を静めて、かんしゃくを起こしたりしないようにする
  • 質問42
    【E】大部分の人たちと比べると、より早く冷静になる
  • 質問43
    【E】気を静めて相手を理解しようとする
  • 質問44
    【E】自分で腹立たしい気持ちを静める
自己診断する

A=怒りの状態 B=性格的な怒りの傾向 C=怒り表出度 D=内面的怒りの強さ E=怒り抑制度

いかがでしたか?

もし、点数がとても高いようなら、日常生活で混乱を生じることもあります。失望することがおおくなり、ストレスがたまり、時には怒りを感じることからうつ病になることもあります。怒ることが多いなら、生活も楽しいものにはなりません。

また、怒ることを抑えられない、怒りを忘れることができないなら、認知行動療法を利用して気分をかえて下さい。この療法をすすめている精神科医のデビット・D・バーンズ博士はこのように述べています。

「あなたの感情を決めるのは、出来事ではなく、あなたがそれをどう受け止めるかである。」

引用:タイトル「新しい認知行動療法の紹介 嫌な気分よさようなら」著デビット・D・バーンズ

認知行動療法は受け止め方を改善して、嫌な気分になる感情を自動的に排除する方法です。考え方が変わると怒りを我慢する必要もなければ、怒る必要すらなくなります。

参考論文:Application of the Spielberger’s State-Trait Anger Expression  Inventory in Clinical patients

参照元:怒りと循環器系疾患の関連性の検討 鈴木平先生・春木豊先生

参照元:抗うつと怒りとの関連

自分でうつを治す方法