このサイトについて

はじめまして。本サイト運営者です。

このサイトをつくりたいと思ったきっかけは自分がうつ病になったことです。

本来の私の性格は能天気というか、自由奔放というか、大抵の場合はのほほんとしています。

それでもうつ病にはなるのです。

どうぞ私がこの病気に陥るまでのストーリーを聞いて下さい。

大学を卒業した後、普通にサラリーマンになりました。行った大学が海外であったこともあり、勤務した会社も海外です。

今思えば、安定した企業で待遇もよく特に不満というものはなかったはずです。

ところが当時のわたしは、何かもっと新しいことがしたいと思うようになり会社を辞めて起業したのです。

破天荒で奇想天外なところがあるのかもしれません。なぜか、ビジネスの拠点をインドと決めました。

「何故インド?!」と驚かれると思います。当時、インドのGDPは世界ランクが第1位の中国に続き、経済的に大きな成長が見られていたからです。

学生時代にインド人の友人から受けた影響もあり、これからのインドには日系の企業がぞくぞくと増えてくるのではという期待感がありました。

そこで資本金1000万を投資してインドに日本語学校を設立します。

怖いもの知らずというところでしょうか。

考えが極めて甘いともいえるはずです。

経営はどんどん悪化しどんなに働いても元をとるどころかお金は羽を付けて飛んでいきました。

「従業員の給料を支払わなくてはならない。投資したお金は回収しなければならない。倒産したらどうしよう。人生の破滅だ。」なんて思い込み、気が付けば仕事の奴隷になっていました。

つまり、倒産に怯えるワーカホリックです。

精神状態がおかしくなり、睡眠薬、精神安定剤、抗うつ薬、統合失調症の薬、効くと言われる薬は何でも飲みました。

ところが、何を飲んでも全くダメで症状はますます悪化したのです。

悪夢としかいいようがありません。最悪の事態です。

今となっては不思議ですが、薬は飲めば必ず効いてくるとその頃は信じていました。

薬の量は日に日にどんどん増え続け、最終的には薬のコントロールが出来なくなりました。

ある日、薬の過剰摂取でひきつけを起こし、とうとう倒れて記憶が飛び自分が誰なのかわからなくなりました。

私は抱えることのできるストレスの量を完全に超えていたのです。

あっけらかんとしている性格だったはずなのに、精神状態の崩壊によりうつ病です。

家族には見捨てられ、従業員は好き勝手なことをする始末、自信を喪失した私はしばらく無気力にもなり、死にたくもなりました。

あの苦痛の日々は本当に辛くて長かったと思います。

どうしてもっと早く、薬にはこの病気を治す効果などないことに気付けなかったのだろうと思います。

薬を止めるのは大変なことです。禁断症状にもなります。

しばらくの間は薬をサプリにかえて飲んでいました。

これはけしてお勧めできる方法ではありません。

ようやく禁断症状もなくなりうつ病は完治です。

「どうやって治したの?」と思われるでしょう。

はい、それはびっくりするくらい簡単な方法を知ってしまったからです。

その方法とは、環境と考え方を変えるだけです。

私はどうして人がうつ病になってしまうのか今はよくわかります。

またどうすればうつが治るのかそれも経験しました。

そして過去を振り返ってみるとこの病気から学んだことがたくさんあることにも気が付きました。

  • どんな方法であれ、考え方や受け止め方が変わるとうつは自然に治る
  • 環境に問題があるならば、それを変えなければならない
  • 医師を信頼するならば、信頼に足りるかどうかよく考えなければならない
  • 物事に執着しすぎてはいけない
  • 人の評価や意見に振り回されてはいけない
  • 人生のやり直しはいくらでもできる
  • 幸せは求めなければやってこない

もしも今、この病気で何も出来ないとしても、それはいつまでも続くわけではありません。

あなたが経験したことは、これからの人生の糧にすればいいだけなのです。

ちょっとした「気づき」でこの病気は治ります。ほんの少し考え方が変わっただけでも見える世界は変わります。

わたしでさえ克復できたのですから、あなたも必ず克服できると信じています。